沿革

動画で見るタキズミの歩み

沿革

昭和22年01月
瀧住喜治郎が、大阪市西成区で瀧住電機工業所を創業
昭和31年11月
大阪市東住吉区山坂2-16に新工場を建設・移転
昭和32年02月
瀧住電機工業株式会社を設立(資本金/50万円)し、瀧住喜治郎が
初代代表取締役に就任
昭和34年09月
東京都台東区に東京営業所を開設
昭和36年03月
通商産業省より「電気用品製造免許」を受ける
       10月
通商産業省より「電気用品形式承認」を受ける
昭和37年02月
資本金100万円に増資
       10月
電気用品取締法第3条の登録し、その証明を受ける
昭和38年11月
東京都文京区水道2-16-3へ東京営業所移転
昭和39年02月
資本金を200万円に増資
昭和40年02月
資本金を400万円に増資
昭和41年02月
資本金を800万円に増資
       10月
奈良県桜井市に、桜井工場を設立
昭和43年01月
東京営業所を独立、瀧住電機産業(株)設立
       05月
資本金を1,200万円に増資
昭和44年11月
名古屋市千種区天満通2-20に名古屋営業所を開設
昭和46年10月
桜井工場を増築、新設機械を導入
昭和47年01月
西日本の販売会社としてタキズミ電機産業(株)を設立同時に名古屋営業所を吸収
       06月
瀧住電機産業(株)東京現有地に5階建ビルを新築
昭和49年08月
瀧住電機工業(株)本社現有地に8階建ビルを新築
昭和62年08月
福岡市博多区三筑1-11-18に福岡営業所を開設
平成元年09月
桜井工場を三重県名張市八幡1300-93へ移転
平成03年02月
広島市西区観音新町3-1-47に広島営業所を開設
平成05年04月
製販統合のため、瀧住電機産業(株)・タキズミ電機産業(株)を
瀧住電機工業(株)へ吸収合併
       11月
資本金を2,200万円に増資
平成06年04月
仙台市若林区沖野6-26-26に仙台営業所を開設
平成08年07月
広島市安佐北区落合2-9-15へ広島営業所移転
平成12年04月
名古屋市東区徳川2-10-22に名古屋東営業所を開設
平成20年12月
名古屋東営業所を名古屋市千種区天満通2-20-2へ移転し
名古屋営業所に改称
平成21年08月
ISO9001:2008で認証取得 認証番号(QMA-13970)
 

登録日:2009/8/21

 

JQA-QMA13970
名張工場 
本社 開発部
照明機器の設計・開発及び製造

 
平成23年08月
仙台営業所を仙台市若林区伊在字東通15番地へ移転
平成28年02月
仙台営業所を仙台市太白区長町6-13-2へ移転
平成28年04月
環境自主行動計画を策定
現在へ至る